旅行前に知っておきたいニュージーランドのタクシー事情

土地勘のないところでは時間節約になり大変便利なタクシーですが、日本の常識は海外の常識ではありません。旅行前に乗り方について理解しておきましょう。

スポンサーリンク

流しがない?

日本では簡単に流しのタクシーをつかまえますが、ニュージーランドでは基本的にそういった制度はなく、電話かインターネットにて予約をする、もしくはタクシー乗り場で乗るかの二通りです。営業熱心なドライバーは夜中など町中にて声をかけてきたりもしますが、信用できるかどうか判断しにくいので利用は控えましょう。

予約の方法はタクシー会社に直接電話をかけ、住所・行き先・名前・人数を伝えます。オークランドシティだと電話をかけて1分もしないうちに配車されます。 taxi fairで検索すると各タクシー会社の料金の比較サイトが出てきますので活用してください。

乗り方

日本と違う点はタクシーのドアが自動でないこと。いつまで待っても開きませんよ。また、ニュージーランドでは一般的に助手席に乗ります。

料金の加算方法

料金体制は日本と同じメータープラス時間制。基本的には1キロ3ドルくらいで加算され、渋滞など時速20キロ以下になった場合はwaiting rateと呼ばれる分単位での安めの加算方法に自動的に変わります。各タクシー会社によって料金設定が違いますが、タクシーの中にも外にも明示しなければならない決まりがあります。だいたいどこの都市でも初乗りは3ドルくらいですが、クイーンズタウンは5ドルとやや割高です。

追加料金 extra charge

支払う直前、表示されている料金に配車料が加わります。だいたい2,3ドルです。また、クレジットやエフトポスで払うと追加料金がかかりますので現金を準備しておきましょう。

また、空港で利用する場合は空港使用料が追加されますし、中には深夜・早朝料金を設定していたり、スーツケースなら大丈夫ですが、バイク・サーフボードなど大きい荷物に追加料金を設定している会社もあります。全ての追加料金は表示または説明の義務がありますので不明な追加料金は納得がいくまでドラーバーに聞いてみてください。

おススメの乗り方

タクシーは割高ですが、時間を節約したいとき、道に迷った時、重いものを運ばなければならない時などはとても便利です。特にオークランドの町中は坂が多く重いスーツケースを運ぶのが億劫ですよね。そんな時、近距離だとほんの500円程度で移動できるのでぜひ上手く活用してください。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] レンタカーの予約の仕方はこちらのページをご参考に。交通ルールやレンタル制度が日本と違う点もありますので確認してみてください。 […]

  2. […] 旅行前に知っておきたいニュージーランドのタクシー事情 […]