オークランドの移動手段 

bus auckland

オークランドCBDと呼ばれる中心部は歩いて回れますが、観光名所は郊外に多々あります。バスを中心に公共交通機関を上手く利用してみましょう。

スポンサーリンク

バス

スカイバス Sky Bus

以前はエアバスと呼ばれていたオークランド空港と中心部を繋ぐバス。24時間運航しているので何時の飛行機でも大丈夫です。またオークランド中心部のクイーンズストリートを走り、バス停はたくさんあるので重い荷物を歩き回らなくてもいいのです。電光掲示板があと何分でバスが来るのか示しているため安心して待つことができます。私は夜中3時くらいに乗ったことがありますが、安全で不安を感じることはありませんでした。

チケットの購入方法

オークランド空港はバス停前にあるチケットセンターで購入。空港行きの場合は乗車時にで運転手に支払います。オンラインでも購入でき、往復券の場合は割引になります。印刷したチケットを運転手に見せるとパンチで穴をあけてくれます。ですので必ず印刷して持参しましょう。

SkyBus is Auckland’s 24 hour Airport bus service. SkyBus provides the best value shuttle service between Auckland Airport (AKL) and Auckland City and North Harb...

メトロリンク

市内から郊外までを繋ぐ市バス。だいたいどこもカバーされていますが、複雑なので路線図を持っていたほうが便利です。本数も場所によってまちまちなので時刻表をチェックしましょう。

乗り降り

バスが近づいて来たら手をあげて運転手に知らせます。乗車時に現金で支払います。降りるときはボタンを、ない場合は紐を引っ張ります。

シティリンク

オークランドCBDとよばれるシティの中心部を南北に通るバス。クイーンズストリートを歩くと必ず見る赤いバスです。料金が安く、本数が多いので、気軽に乗り降りできるので便利です。オークランドは坂が多いので観光で疲れた時に利用してください。

インナーリンク

シティリンクはシティ中心部を南北に走っていますが、インナーリンクはシティの周りを循環しています。パーネルやニューマーケットを走っており、10分から15分ごとに走っています。緑色のバスで、最大1.8ドルとお手頃料金。

アウターリンク

アウターリンクはシティと郊外を繋ぐオレンジ色のバス。15分ごとに走っていて、シティリンク・インナーリンクと接続しています。の料金は1.8ドルから3.4ドルと乗車距離によります。運転手に行き先を告げてください。

電車

ブリトマートから南と東に走っています。観光には向いていないので乗る機会は少ないと思います。

乗り方

駅のチケットセンターまたは車内で購入できます。日本のようにアナウンスがないので乗るときは間違えないように注意してくださいね。

フェリー

近隣の島に行くときはもちろん、デヴォンポートへは10分と、フェリーを活用すれば車よりも早く目的地に着くことができます。

乗り方

フェリー乗り場のチケットセンターで購入します。往復でも購入できます。行き先が紛らわしいので行き先をしっかり確認して乗車してください。

タクシー

坂が多いオークランドはタクシーを上手く利用してみましょう。初乗りがかなり安いので乗りやすいです。ただし予約電話をしなければなりません。

土地勘のないところでは時間節約になり大変便利なタクシーですが、日本の常識は海外の常識ではありません。旅行前に乗り方について理解しておきましょう。

AT HOP CARD

AT HOPカードはバス・フェリー・電車で使えるプリペイドのカードです。ブリトマートのバスターミナルや駅で購入できます。スイカのようなものですが、日本のようにコンビニでは使えません。最大のメリットはATホップカードで乗車すると料金が最大で半額になります。しかしカード代10ドルかかり、オークランドでしか使えません。また、チャージは最低5ドルからで、乗車前にチャージしておかないといけません。バスの運転手はチャージしてくれないのでご注意を。予定に合わせて上手く利用して安く乗車してください。

Find timetables, journey planner, and fare information for Auckland buses, trains and ferries. 

バスに関する英語

hop on, hop off

バスに乗ったり降りたりすることをホップオン、ホップオフといいます。軽く乗り降りするイメージですね。

top up

カード、ケータイなどチャージすることをトップアップと言います。お冷のつぎたしもトップアップと言うこともあります。