初めての方必見!ニュージーランド個人自由旅行 完全ガイド

ツアーに参加すると行きたくないところに連れていかれたり、時間にゆとりがなかったり、なにかと制限があるものです。個人旅行というとなにか不安と思われるかもしれませんが、ニュージーランドは親日国であり、時差がほとんどなく、事件の少ない安全な国ですので個人旅行初心者にとっておきです。直通便のある英語圏ということもポイントですね。忙しいあなた、限られた時間を最大限楽しめる個人自由旅行にチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

飛行機を予約する

まずは休みに合わせて飛行機を取りましょう。ニュージーランドの直通便はエアーニュージーのみです。毎日成田空港から、関空は期間限定で就航しています。飛行機はANAと共同運航なので日本語の話せるキャビンアテンダントがおり、ANAのマイルも貯めれるのでおススメです。予約方法は直接ホームページで予約をするか、もしくはトラベルコちゃんやスカイスキャナーなどの航空券比較サイトからでも予約できます。変更やキャンセルの条件だけ確認して予約をとりましょう。旅行会社を通さない分、キャンセルや変更の手続きは自分自身で行わなければならないので後になって困らないように確認してから予約を確定してください。

ニュージーランド航空公式サイトでチケットを探す

個人旅行上級者は、中国・シンガポール・オーストラリア乗り換えの航空券を比較サイト等で調べて安く手配してもいいですね。

コースを決める

Lake Taupoまずはどこの都市に行きたいか、何をしたいかを決めます。ニュージーランドは北島と南島に分かれていますが、ふたつの島の交通手段はフェリーか飛行機です。また、都市間の移動は基本的にレンタカーまたはバスですが、中規模以上の都市にはエアーニュージーが就航していますので長距離移動は時間が節約できます。特に北島のオークランド・ウエリントン、南島のクライストチャーチ・クイーンズタウンは、LCCが就航していますので格安で航空券が手に入ります。ルートを難しく考えず、行きたいところ、したいことをまずピックアップし、後で移動方法を計画するのがいいでしょう。

行ける都市の目安としてはフライト日を除いた残りの日数÷2ほどです。予定を詰め込みすぎると予定外の遅延に対処できず、時間を意識しすぎてはニュージーランドの良さを味わえません。移動の途中に他都市に数時間立ち寄ることはできるので、メインの街は2日滞在できるように計画してください。

交通手段と旅のスタイルに合わせた宿を決める

backpackers行きたい都市が決まり旅行の大筋がみえてきたら、次は交通手段を考えます。オークランドからウエリントンまでとクライストチャーチからクイーンズタウンまではほぼ同じくらいで、車で約5、6時間です。バスだともっとかかりますが、1日あれば島を縦断できます。

ニュージーランドは日本と同じ右ハンドルの左車線かつ道が広いので運転しやすく、レンタカーの料金は日本の約半分。また0~15ドルのキャンピングスポットが至る所にあるのでキャンピングカーで移動する旅行客も少なくありません。

限られた時間でたくさんの町を見てまわりたいのであればレンタカーをおススメしますが、アクティビティやハイキングをメインに考えている方は移動はバスか飛行機で十分だと思います。

レンタカーの予約の仕方はこちらのページをご参考に。交通ルールやレンタル制度が日本と違う点もありますので確認してみてください。

移動手段が決まり旅行の日程を決定したら、宿泊施設の予約をとっておきましょう。Booking.com ではたくさんの案件があるうえ、キャンセル料無料の現地払いなので急な変更にも対応できる便利な予約サイトです。宿の選び方はこちらを参考にご自身の旅行スタイルに合わせて選んでください。

個人自由旅行って・・

旅行代理店が代わりに手配してくれるのは、飛行機・移動手段・宿だけです。自分自身で手配することによってより自由に、より安く気軽に旅行できるのではないでしょうか。

ただし、全ての予約番号を控え、領収書は全てとっておきましょう。ネットで予約すればメールで領収書が送られてきますので旅行が終わるまでは保管し、お金のトラブルを極力起こさないようにして旅行を最大限に満喫してください。

スポンサーリンク

フォローする