ニュージーランドの宿泊施設

日本の宿泊施設といえばホテル、旅館、民宿、ビジネスホテルなどがありますよね。ではニュージーランドにはどういった宿泊施設があり、どういった目的で人々は利用しているのでしょうか。

スポンサーリンク

ニュージーランド独特の宿泊施設

B&B ビーアンドビー

Bed&Breakfastの略称で、単純訳するとベッドと朝食です。つまり朝食付きのベッドルームを提供している宿のことを言い、大都市から地方までどこでも看板が見られます。個人経営が多く、値段設定も様々です。だいたいのところが駐車場つきなので車で入り、次の日の朝また移動するといった使い方をします。タオルやカップ・ケトル等はありますが、シャンプーなどのアメニティは宿によって異なります。

Mostel モーテル

モーテルは必ず駐車場がついています。B&Bと同じく車で入り、車で出ていくといった簡易的な宿のことを言い、こちらは朝食がついているかは宿によります。その分料金はかなり安く、ひとり40ドルから60ドルくらいで泊まれます。アメニティはB&Bと同じです。

HOLIDAY PARK ホリデーパーク

ホリデーパークとはいわばキャンプ場です。ニュージーランドではキャンプをして宿泊できる場所が決まっており、各地方自治体でルールが違います。例えばトイレ付きのキャンピングカーならキャンプしてもいい場所も、テントをはることが禁止だったり、たき火の制限があったりと環境保護のための決まりがたくさんあります。そのため電気・水道が供給され、調理場もあるホリデーパークが存在します。キャンピングカー用の汚物廃棄もここでできます。ニュージーランドではキャンプをしながら旅行するスタイルが最も人気があるので、夏にはたくさんの人であふれかえります。テントサイトで10~20ドル、キャンピングカーサイトで20~30ドル、施設に備えられているキャビンは30~50ドルです。注意しなければならないのは、アメニティは何もなく、フライパンですら持参またはレンタルしなければならず、シャワーや調理場は全て共同です。

HOLIDAY APARTMENT ホリデーアパートメント

ホリデーアパートメントとはキッチン付きの宿のことをいいます。まるでアパートの一室をそのまま借りたかのような設備があるので、自炊や洗濯が必要な家族向けに提供しています。料金体系も部屋ごとに設定されているので多人数で泊まるにはもってこいの施設です。週単位で契約すると安くなったりします。

定番の宿泊施設

これらに加え、定番のホテル、ゲストハウス、バックパッカーズやホステルがあります。ニュージーランドでは比較的費用を抑えた旅行スタイルが人気ですので予算に合わせて選びやすい環境にあると思います。ご自身の旅行スタイルに合わせて宿選びをしてみてください。

 

スポンサーリンク

フォローする