ニュージーランド人がよく使うスラング

ニュージーランドの英語

英語でも国によって言葉や発音が変わりますが、ニュージーランド独特の表現やスラングをご紹介します。

スポンサーリンク

ニュージーランド英語

mean

meanと言えば意味すると思い浮かぶと思いますが、 It’s mean! というとすごい、やばいといった意味になります。 awesome に近い意味で、感動したときに使います。

Not too shabby

ノットゥー シェビィーと発音されるこの言葉はすごい、やばいという意味になります。若者がよく使っているスラングです。

How’s it?

ニュージーランド人はあいさつの時に How is it going? のgoingを略して言います。カジュアルな表現で親しい仲の人に使います。

Aye?

どんな文章でも、最後に aye?(エィ?) と付け加えると、不可疑問形になります。例えば、

It’s good, aye? というと、 It’s good, isn’t it? と同じ意味になります。

オージーはヘイ?と聞こえますが、ニュージーランド人はエィ?と言います。アメリカ人はよく Right? というように国によって言い方は違いますが、同じ意味です。

Churr bro

これも若者が使うスラングで、チェァー ブロッと発音します。ニュージーランドでは男の人、特に同世代から年下に対して Bro (Brotherを略したもの)と呼びます。親しんだ言い方で、知らない人にでも使います。

Churr と使うと、やんちゃな男の子をイメージしますので、仲のいい友達に軽く声をかけるときに使ってください。

Sweet as

聞いたことがあるかもしれませんが、ニュージーランド人は何でも as をすぐ付け加えます。as を付け加えても意味は全く同じです。

ニュージーランドにはもっとたくさんの独特な表現がありますので、ぜひ一度本物のニュージーランド英語を聞いてみてください。聞き比べると面白い発見がありますよ。

スポンサーリンク

フォローする