期限切れのオーストラリア免許からニュージーランド免許に書き換え

ニュージーランド・日本・オーストラリアは共に右ハンドルのため、運転免許を保持して2年未満は実技のみ、2年以上保持していれば実技・筆記テストともに必要なく、手続きだけで取得できます。しかし、日本の運転免許証を書き換える場合、英語に翻訳しなければなりません。その手間を省くために期限の切れたオーストラリア免許で書き換えをしてみました。

スポンサーリンク

ニュージーランドで運転するには

ニュージーランドで運転するには免許証を取得する、または英文の免許であれば入国して1年以内は運転できます。例えばイギリスやオーストラリアの免許証は英語ですので何も申請する必要はありませんが、日本の免許証は日本語のため英文の翻訳書、または国際免許証を原本とともに携帯する必要があります。ニュージーランドの免許証は10年更新で、料金も5千円ほどしかかからないため、1年以上滞在する予定がなくとも、英文の免許証はIDとして使えたり、他国でもレンタカーを借りる際に便利なため持っておいて損はありません。

英文翻訳書の取り方

ニュージーランド国内にいる場合、日本領事館もしくは登録されたの翻訳者の所で取得できます。ちなみに領事館での翻訳は3日後の午後以降に取りに行かなければなりません。費用は現時点で24ドル。オーストラリア国内でも日本国内でも資格のある翻訳者にお願いをすればどこの国でも翻訳は取得できます。ちなみに日本の免許証が期限切れであっても1年未満であれば翻訳も免許取得もできます。
 

国際免許の取り方

国際免許は日本国内の住民票のある免許センターで交付してもらえます。料金は各都道府県によって異なりますが即日交付してもらえます。国際免許は英文かつ顔写真を載せますが、IDとして使うことはできません。
 

ニュージーランドの免許証に書き換え

基本的に日本の免許を2年以上保持していれば翻訳書と原本、パスポート、現住所を証明できる書類と申請料52.1ドルのみで書き換えできます。場所は免許センターで、どこの都市にもあるAAでも申請できます。今回私は期限切れのオーストラリア免許証を持っていたため、運転はできないものの書き換えは問題なくできました。現住所を証明できるものは銀行のstatementで対応、パスポート・免許のコピーも必要であり、なければ各1ドルずつとられます。
 
ただ注意しないといけないのが、日本での免許保持期間が2年以上でもオーストラリア免許はそれを証明することができません。私の場合2年有効だったオーストラリア免許だったため、筆記も実技試験も必要ありませんでしたが1年有効のオーストラリア免許では試験が必須となるため、2年以上保持した日本の免許証の翻訳をもらって申請することをオススメします。
 
書類を全部集めたらAAに行って申請し、その場で写真を取り、21日以内に郵送で届きます。21日間有効の申請証明書が発行されるため申請日から運転可能です。
 
申請は簡単ですが、郵送先を変更することはできないため、日にちにゆとりをもって申請してください。また、オークランドシティのAAでは午後になると1時間は軽く待たされますので根気よく待ってくださいね。
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] 期限切れのオーストラリア免許からニュージーランド免許に書き換えニュージーランド・日本・オーストラリアは共に右ハンドルのため、運転免許を保持して2年未満は実技のみ、2年以上保持していれば実技・筆記テストともに必要なく、手続きだけで取得できます。しかし、日本の運転免許証を書き換える場合、英語に翻訳しなけれnz-slowlife.net […]