ワーホリは11月に始めるべき5つの理由

lake-tekapo

人生に一度きりのワーキングホリデー。準備をしたりやりたいことを決めたり、忙しいと思いますが、11月から始めるといいことが!あなたの計画に参考になるちょっとしたコトおつたえします。

スポンサーリンク

車の売り買いが簡単

ニュージーランド旅行するには車が必須です。大都市オークランドですら都市部以外は車があると便利です。日本のように電車が網羅していない上に大自然は一カ所にかたまることもありません。ただ車を購入しても売るのが大変ですね。ですが11月、12月だと簡単に売ることができるのです。なぜなら南半球の夏は12月からたくさんのヨーロピアンが夏の間キャンプ旅行をするためにニュージーランドに訪れます。観光旅行ですらバンやワゴン車を購入してラウンドすることが主流であるため、その時期に車を売ると簡単にかつ割高に売れます。

仕事が決まりやすい

やはり12月が一番のハイシーズン。子供連れの家族、海外からの旅行者、特に正月に暖かい夏を迎える南半球は人気です。忙しい時期に向けて10月から募集が始まります。夏が終わると仕事に就けないこともありますし、夏にはたくさんのファームジョブが出てくるので、仕事の心配がない夏前の渡航がおススメです。

飛行機代が安い

日本からニュージーランドの直通便はエアーニュージーランドだけ。片道約5万円から12万円ほど、正月やお盆、ゴールデンウィークはやはり値上がりします。11月だと学生も休みではないですし、セールが出やすい時期でもあります。直通便ではないですが、ジェットスターのセールでオーストラリア経由で行くと5万円以下で行くことも可能です。

ニュージーランド航空公式サイトでチケットを探す

最高の季節

11月は海には入れませんが、暖かく景色が美しいので、ワーホリが始まった感がすごくあります。ちょっとしたことかもしれませんが、これだけでもわくわく感がかなり違います。始めにニュージーランドという国が好きになればきっとワーホリ生活がより一層良いものになるでしょう。

友達ができやすい

また、さきほどもお伝えした通り、夏には旅行者がたくさんやってきます。人との出会いが冬以上にあり、未開拓の地を新しくできた友達と一緒に旅行に行くこともできます。たくさんの出会いと行ったことのない場所がワーホリ生活をより充実させてくれます。

まとめ

11月に渡航するとこんないいことがあると、頭の隅においてワーホリ準備を進めてください。貯金や仕事の引継ぎなど大変だと思いますが、きっと人生で最高の経験になること間違いありません。

スポンサーリンク

フォローする