海外で手に入るいろいろな粉(小麦粉・片栗粉・白玉粉)

flour

海外ではたくさんすぎるほどの粉製品がスーパーにたんまりとありますが、どれを選べばいいのか困りますよね。日本の粉と比べてみましょう。

スポンサーリンク

日本で粉を探してみる

まずは日本のスーパーで粉を探してみましょう。

  • 薄力粉
  • 中力粉
  • 強力粉
  • 片栗粉
  • 米粉
  • 白玉粉

 以上が一般的に売られている粉だと思います。これ全て何から出来ているかわかりますか?

薄力粉・中力粉・強力粉

この3つは小麦粉です。違いはグルテンの量。グルテンが多いものが強力粉と呼ばれ、しっかり・もっちりとした歯ごたえ例えばパンに使われます。中力粉はうどんなどの麺類、薄力粉はスポンジケーキや一般的な料理で使われています。

片栗粉

片栗粉はデンプンの粉のことであり、主にじゃがいも・とうもろこし・さつまいもから作られます。中華料理のとろみを出したいときに使われる粉です。

米粉・白玉粉

この2つは名前の通り米から出来ています。米粉は小麦アレルギーの方に薄力後代わりとして使ったり、触感の違うパンのために使われたりして、白玉粉はだんごを作る粉ですね。

海外のスーパーで探してみる

海外のスーパーでは

  • Plain flour
  • Self-rising flour
  • High grade flour
  • Gluten-free flour
  • Corn flour (corn starch)
  • Poteto flour (poteto flour)
  • Rice flour
  • Glutenous rice flour

大きな棚一面に粉の袋がひしめきます。

小麦粉とは

上4つが小麦から出来ていますが、日本のようにグルテンの量で分けられているのではありません。

Plain flour

これは日本でいう中力粉です。グルテン Protein がだいたい10~11%。

Self-rising flour

お菓子作りではベーキングパウダーと小麦粉を混ぜますが、海外では混ざった粉が店頭に並んでいます。しかし注意する点は、Plain flour にベーキングパウダーが加わっているだけなのでお菓子用の粉ですが、中力粉なのです。

Gluten-free flour

これは名前の通りグルテンフリー粉です。小麦アレルギーの方が多く、またアレルギーでなくても健康を考え小麦を減らしている方はたくさんいます。そのためほとんどどこのスーパーでも見かけます。

High grade flour

プレーンが中力粉であったのでこれは強力粉かと思いきや、なんとグルテンは11~12%と、プレーンフラワーとほとんど変わりません。つまり中力粉なのです。

 小麦粉以外の粉

Corn flour Poteto flour

これらは日本でいう片栗粉です。コーンスターチとも呼ばれているので分かりやすいですね。ですが、片栗粉の代用するときはポテトスターチの方がとろみが出やすくなります。

Rice flour Glutenous rice flour

前者が米粉、後者が白玉粉です。アジアンショップに行くと両方売られていますが、だんごを作りたい場合は Glutenous と書いてあるものを購入してくださいね。

薄力粉はないの?

はい、海外、少なからずニュージーランドとオーストラリアには薄力粉はありません。そのため海外で食べるお菓子はずっしりとしていますよね。たいていのものは Plain flour で代用してもさほど変わりませんが、お菓子作り特にふんわりとした触感のスポンジケーキなどは薄力粉がないと風味が変わってしまいます。薄力粉は中力粉から作ることができますので、次回お話ししたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする